MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

40歳過ぎてから見る「北の国から」

「北の国から」は、1981年から1982年にかけて24話が放送され、その後数年おきに特別編(全8話)が制作され、2002年に完結した、日本を代表するドラマである。


途中途中しか見ていないけど、面白いのは知っていた。

恋人と同じ時間に同じ映画のビデオを見て、感想を語り合うという遠距離デートを真似したし、 AV女優を恋人にできるか、という問題は今でも時々考えさせられる(笑)

家には24話分を録画したビデオがあるが、改めて最初から見たいとは思えなかった。

ところが、軽作業(俺の場合はオークション品の梱包)をしながらだと、ラジオよろしく気楽に見られることが分かった。

この歳になって初めてドラマの「ながら見」を覚え、特別編をかき集め、時には笑い、時には涙しながら、最後まで楽しめたのだった。



■表面的なこと
序盤は、牧場から牛が逃げたとか、屋根の裏にイタチが住み始めたとか、そういう当たり障りのない話が繰り返されるのだろうと思っていた。

しかし実際は、主役の黒板五郎(田中邦衛)が変人で、牧歌的とも道徳的とも違う、エキセントリックな展開が待っていた。


振り返ってみれば、不倫に始まり、不倫に終わるような話だった。

エロ要素はあちこちに散りばめられていて、雪子おばさん(竹下景子)をはじめ、
凉子先生(原田美枝子)、こごみ(児島美ゆき)、沢田妙子(風吹ジュン)、アイコ(美保純)、タマコ(裕木奈江)、シュウ(宮沢りえ)など、
出演する女優にムラムラしたらエロ画像をすぐに検索できるから今の時代はありがたい。


ネットも携帯電話もなかったあの時代。
電話一本、手紙一通を待ちながら日々を過ごす心境は、今の人には実感しにくいだろうか。

滅多に手紙を書かないのなら、「前略」から始まって、言いたいことが溢れ出るようなナレーションの味わいは分からないかもしれないな。


時代と言えば、今は亡き懐かしい俳優たちが、けっこう重要な役で出演しているのも感慨深かった。

大滝秀治、笠智衆、伊丹十三、レオナルド熊、古尾谷雅人、菅原文太、室田日出男、そして地井武男‥‥。
これで演技は見納めかーと思うと、日本の俳優たちの足跡を刻んだ、貴重なドラマに思えた。

逆に、演技してると感じさせない田中邦衛は、本当はすごい人なのではなかろうか。

関根勤のお得意の大滝秀治のマネや、とんねるず石橋の田中邦衛のマネは、あまり似てないことが今更ながらに分かった。
それから、以前は岩城滉一と寺島進の区別が付かなかったが、ようやく自信を持って答えられるようになった(笑)


ここ10年位の間に、「水曜どうでしょう」や「最終兵器彼女」が出回ったおかげで、北海道弁も楽しめたべさ。

北海道には修学旅行で行ったから、札幌雪まつりと「けやき」の味噌ラーメン位しか興味がなかったが、富良野のラベンダー畑や、羅臼の流氷も見に行きたくなった。
富良野の「北の国から資料館」は去年閉館してしまったらしい。それが残念でならない。




■特に感動したシーン
1. 純(吉岡秀隆)が、夜中に警官から職務質問を受けて泣いちゃうシーン。
保護者がいないのは他人から見れば不審なことだが、当人なりの事情があるし、当然のように聞かれると傷つくものなんだな。

2. 五郎(田中邦衛)が純の過ちを責めたりしないで、「一緒に謝るっきゃない。父さんは謝るの年季入ってるから、マネしてなさい」と笑うシーン。

3. 純の求婚シーン。なりふり構わずこういう風にできるようになったら大人だよなぁ。
ダウンタウンの松本氏は最終話の「2002遺言」は無くても良かったんじゃないかと言っていたが、純の成長を描ききる上では外せないと思う。



■カタルシス
五郎は自分を変人だと自覚して、人と比べてどうだとか、世間ではこう言うから、といった視点を持とうとしなかった。

すなわち、人それぞれの事情があるのを考慮し、人に対して文句を言うべきではないと考えるのだった。
それが一貫していて良かった。

昨今の、ネットから得たミニ知識を根拠にして人を攻撃する風潮に嫌気が差していたから、気持ち良かった。



■おすすめの鑑賞方法
特別編は8話といっても、前編・後編に分かれているものがある。
全部を見ようとすると、DVDは24枚になる。

まずは、DVDを貸し出ししている図書館を探しても良いかもしれない。

レンタルショップからまとめ借りするのも手だが、DVDはやはりオススメしない。
なぜなら、自動再生で勝手にハイライトシーンが流れて、ネタバレしてしまうから。
何度もふざけんなよ!と思った。


【フジテレビオンデマンド】のFODプレミアムコースは、ネット環境と会員登録が必要だけど、見放題で良かった。
月末までに解約すればお金は一切かからないからオススメだ。

2017年03月05日 05:16 
娯楽 (映画・テレビ・DVD) | comments(0) | trackbacks(0) |

ホットスナック女子と草食おじさん

雪が降りしきる夜、コンビニの駐車場に車を停め、大口を開けて中華まんにかぶりついている女性がいた。

暖かい車内、お気に入りの音楽とぬいぐるみ。そして美味しい中華まん。傍らにはペットボトルのミルクティー。
ワイパーが雪を払う度に、それらが鮮明に見えて来て、笑ってしまった。


その翌日、今度はファミチキにかぶりついている女性を見かけた。
家まで待てなかったんかい! 女子の恥じらいは無いんかい!

店内はけっこう混んでいたから、爆発しそうな肉欲を抑えながら、レジの順番待ちをしていたのかと思うと笑えた。
俺が「ドキュメント72時間」のスタッフだったら、食べている所にカメラを向けて、そこで何してるんですか?って、わざとらしくインタビューするね。



夜だというのに、コンビニの駐車場から立ち去らない女性。
10年前ならそれはナンパ待ちしているかのように見えた。

だが今は、ぼんやりしている人なんてほとんどいない。
この前いたお姉さんは、俺が店に入る前からずっと車内でスマホをいじってた。
その人は何なのかというと、子供の部活の帰りを待ってたんだよ。分からんもんやねえ。



さて俺はというと、お菓子やホットスナックよりも、腹持ちが良くてヘルシーに間食できるものはないかと模索している。
けっこう良いのが、コンビニやスーパーで袋詰めで売られているカット野菜だ。
サラダよりも安く、量が多くて、添加物も入っていない。(100円前後)

ローソンミックスサラダ画像 ローソンミックスサラダ原材料画像


その時の気分でドレッシングも選ぶ。
ファミマの「すりおろし野菜ドレッシング」には最初から心を掴まれた。
なんでこんなに旨いんだろうと思ったら、ニンニクが入っているからだった。
つまり、食べ慣れたジャンクな味なのだった。ニンニクが入ってれば何でも美味しい説〜。


野菜だけではお腹いっぱいにはならない。むしろ勢いが付いて、もっと食べたくなる。
しかし、20分もすると空腹パニックは落ち着いて来る。内臓がスッキリした感じになって来る。

大根多めとかレタス多めがあるけど、キャベツ多めの方が腹持ちが良いのが分かって来た。

幼稚園の頃は千切りキャベツが大の苦手で、給食のお残しチェックでいつも引っ掛かっていたが、今はキャベツを求める側になっているのだから面白い。

ローソンミックスサラダ盛り付け画像

2017年02月17日 16:13 
日記 (おっさんシリーズ) | comments(0) | trackbacks(0) |

古いPHSと故障スマホの買取価格@ゲオ

ゲオでは携帯やスマホを、壊れていても、付属品がなくても、最低100円で買い取ると謳っている。
ただし、電源を入れて初期化されているか確認できることが条件だという。


俺が20〜30歳台に使い倒した、以下のPHSとスマホは、果たして無事に売れるのかどうか、確信は持てなかった。

MASが使用していたPHSとスマホ

◆H"端末 京セラ PS-T25(BL)
◆feelH"端末 Panasonic ル・モテ KX-HS110-S
◆AIR-EDGE PHONE 京セラ WX-320Kシルバー
◆スマホ MOTOROLA PHOTON ISW11M

どれも電池が劣化していた。
半日かけて充電して、電源を入れることに成功しても、1〜3時間位しか持たない状態になっていた。


それでも、当時のメールや着メロがそのまま残っていて感動した。
(着メロは倉木麻衣 の「Secret of my heart」が特に気に入っていた)

画像やEメールはパソコンに転送して、お宝として保存してあるし、留守電メッセージは音声データに変換してある。
でも、ショートメールや連絡先は思い切って消去することにした。

簡単に初期化できれば良いのだが、その機能はなく、一件一件選んで消さねばならなかった。
しかも消すのに時間が掛かるから、根気のいる作業になった。



スマホはスピーカーが故障していて音が出ないし、画面が変色している。
解約後だから、auショップに持って行っても初期化してくれない。
これでは普通の店では買い取りしてくれない。
自分の電話番号(今使っている番号)が残ったままなので、オークションに出すのにも抵抗がある。


果たしてこんな状態でも100円になるのだろうか。
査定時間、約30分の間に「進撃の巨人」1巻を読破。


結果はなんと、古いPHSも、壊れたスマホも、一律100円で買い取ってくれた。

古いPHSと故障スマホの買取価格


その帰りにコンビニで中華まんと缶コーヒーとお菓子を買ったら、400円はあっという間に消えましたとさ。

2016年12月29日 04:20 
日記 (日記 vol.5) | comments(0) | trackbacks(0) |

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...