MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

ヤマザキ春のパンまつりに初参加

点数シールを集めて景品と交換してもらうものは、ダイソーにしろマックスバリュにしろ、そしてヤマザキのパンにしろ、ぼちぼちは集まるけど数十点までは溜まらなくて、いつももったいない気がしていた。

ところがこの1年ほどで、ヤマザキのダブルソフトを朝食か夜食に毎日食べるようになって、やっとキャンペーンが身近になって来た。

市販の食パンの中ではダブルソフトは味とボリュームが最高で、スーパーやコンビニで売り切れていれば、ドラッグストアや隣の市まで探しに行くほど好きになっている。

1週間に2袋買うから、一気に5点分が溜まる。
だから今回の春のパンまつりで、必要な25点分を溜めるのは全然大変ではなかった。


景品の白いフラワーボウルは、ヤマザキのパンの取扱店ならどこでも交換してくれるという。
が、スーパーのスーパー店員を呼び止めて持って来てもらうのは、時間がかかりそうで抵抗があった。

デイリーヤマザキならすぐだと思い、缶コーヒーを買うついでに寄った。
集めたシールを皿と交換しつつ、コーヒーの料金をEdyで支払いつつ、楽天ポイントを溜める‥‥という用件はお爺ちゃん店員には伝わりにくかった。

しかもお互いマスクをしているし、レジ前にビニールカーテンがあるものだから、大声を出すハメになった。


4月は新型コロナウイルスの影響で仕事が減るどころか、最高に忙しかった。
前月より1割以上の増産、新卒3人入社、時間外労働40時間突破。

だからこの店へ来て初めて、世間は異常事態のさなかにあることを実感した。
ヤマザキ春のパンまつり2020景品の白いフラワーボウル
↑皿は箱に入ってなくて袋に直入れだった。
今はサラダを盛り付けて毎日使っている。

2020年05月09日 05:23 
日記 (日記 vol.5) | comments(0) |

ドラえもん0巻の感想

漫画ドラえもんは1969年発売の「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」で同時に連載が始まった。

1973年からは五・六年生でも連載開始。
単行本に収録されているのは一部だけであり、ドラえもんの第1話は複数存在している。

その幻の第1話を集めたのが『ドラえもん 0巻』である。

初期のドラえもんは頭が小さいのは知っていたが、体の配色や能力が違い、四足歩行までするのは驚きだった。
ひみつ道具を使わないで問題を解決するパターンがあるのもまた新鮮だった。

ドラえもん0巻画像1


今では考えられないような差別的な表現が使われていたり、ジャイアンが無口だったりするのも面白い。

ドラえもん0巻画像2

6誌同時連載というのもすごいが、読者の年齢に合わせて話を変えているのもすごい。

幼児が相手だと、のび太の孫の孫の苦労の話をしてもきっと通じないから、説明は思い切って省いて、机の引き出しからいきなり新しい友達が現れることになっている。

逆に言えば幼児は、シュールなことでも普段からそのまま受け入れているのかもしれない。


俺自身は子供の頃のシュールな体験の記憶はないが、弟が昔、家の中で急に走り出して、ガラス戸を突き破ったことがあった。

全身に包帯を巻いた人が現れて追いかけられたのだという。
大人になってもあれは本当だと言っていたから、幼児は他人には見えないものが見える時があるのかもしれない。

だとしたら大人は、けっこう長い期間、子供の傍にいて安心させてやるべきなのかもなぁ。

2020年04月12日 15:45 
娯楽 (音楽・読書) | comments(0) |

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」をやり尽くした

29歳・自営業の祥子(仮名)は、面白そうなゲームと、面白かったゲームの続編を買って溜め込んでおいて、1つずつクリアして行くという趣味を持っている。

そんな彼女が今度PS4 Proを買うからと、古いPS4をくれた。

ソフトは「スターウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」と「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を貸してくれた。


『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』 Official Trailer

俺のゲーム機の所持歴はファミコン→スーファミ→ネオジオである。
本当に多くのものを失ってしまうから(笑)、ここ10年位はほとんどゲームをしていないし、スマホのゲームにも手を出していない。

だからPSのコントローラーがワイヤレスになっているのも知らなかったし、全てのボタンとスティックの操作を覚えるまで2週間位かかった。

普段は帰宅後すぐにシャワーを浴びるのに、ゲームをすると汗まみれになるから、シャワーは後回しにする生活になった。

思考がゲームのことばかりになり、仕事や現実の人間のことはどうでもよくなった。
ボス戦がある日は、朝から緊張した。

疲れて眠気があっても、ゲームには集中できることが分かった。

武器を失い、ゾンビ達から襲われて死んだ時には、恐ろしくて手が震えた。
食後に水に浸していた食器を電子レンジの上に置いていたのだけど、そこに物を落として引っくり返してしまった。

そんなこんなで、クリアして全てのトロフィーを取るまで2ヶ月かかった。

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」トロコン画面



良かったところ

・超美麗グラフィックで作り込みが素晴らしい。地球の古代遺跡にも行きたくなった。

・効果音は映画そのもの、音楽がオーケストラと合唱でスターウォーズらしさが出ている。

・連続でブラスター弾を跳ね返すことができる。AT-ATに乗って操作できる。

・映画の配給がディズニーになってから、ライトセーバーの切れ味を示す残酷な描写が減って残念だったが、このゲームでは復活している。

・敵がおしゃべりで、世間話をしていたり、挑発して来たり、怯えていたりする。それを殲滅するのがとても楽しい。

・成長感がすごい。最初は複数の敵から逃げ回るしかなかったが、強くなると目前にいても動じなくなれる。

・敵の行動範囲とアスレチックコースがきちんと分かれている。
が、ゾンビだけはどこまでも追いかけて来るから恐ろしい!

・相棒のBD-1が可愛らしく、数日間地下で探索をしていても寂しくならない。
「スカイウォーカーの夜明け」のD-Oは、無理やりピクサーに作らせたみたいで感心しなかったな。

・アメリカ製で世界中にプレイヤーがいるので、攻略や凄テク動画を見つけやすい。
誰のゲーム実況を見ても面白く、特に抹茶さんがツボだった。



嫌だったところ

・タイトル画面が出て来るまでと、データのロード時間が長い。体感で3分位かかる。

・主人公があまり格好良くない。周りのキャラに話しかけ過ぎるとウザがられるのが悲しい。

・ターゲットの切り替えがあまり当てにならなくて、近くの敵から倒すパターンになりがち。
だから広い闘技場で好きなように戦えた時は楽しかった。


・バグがある。
◆エイルラムの霊廟で球体の1つが消えてしまった。
→ソフトのアップデートで解決。

◆アルビノ・ウィーショックに1回負けると再戦できなくなる。
→ソフトをアンインストールし(セーブデータは維持)、再インストール。アップデートせずに再スタートすると再び出現する。


・難しくて気軽にオススメできない。各地の目的や謎解きの答えがイメージしづらい。
地形の複雑さに加え、セカンド・シスター、ナインス・シスター、ナイトシスターと似たような名前の人物が出て来て混乱が深まってしまう。

・アイテムや扉が見えているのに、すぐには行けない場面が多くてモヤモヤする。
それからキャッシークのサーヴァなど、倒せない敵がいるのがストレスになった。



珍しいかもしれない画像

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」水中セーバー画像
水に入る直前にライトセーバーを出し、持ったまま泳ぐことに成功。
振り回すことはできず、普通に潜水した。


発見した攻略法

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」オグドの大穴攻略画像1
ボガーノの「オグドの大穴」で、オグドが3匹出て来て大変な事態になる前に、ダッシュで奥まで行く。
上の写真の谷の所を越えてしまえば、2匹のオグドが勝手に落ちて、落ちた2匹は攻撃して来なくなる。

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」オグドの大穴攻略画像2
降りて行って倒すもよし、プルで舌を引き出して斬る練習をするもよし。

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」バグで攻略
「冒険中はカエルとクモにさんざん可愛がられましたなぁ〜」
ボベー!(放屁音)
「うわっくっさ!」

2020年03月16日 01:11 
日記 (日記 vol.5) | comments(1) |

spacer