MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

たまころ!

むかしむかし レオパレスに ひとりのおじさんが すんでいました。
おじさんは まいにち にわとりのたまごを ごはんにかけて たべていました。

あるひ おじさんが たまごのパックを ごみぶくろにいれていると、
れいぞうこと かべのすきまから カシャリと おとがしました。

れいぞうのうえに おいていた たまごがころがって おちたのです。
あぶないかなー まあいいや とおもっていましたが うまくいかなかったのです。

ついこのあいだ つまようじを ばらかした ばしょだったので、
またか くそ といいました。

おじさんは いちがんカメラをもってきて このざまを しゃしんにとりました。

そして せかいじゅうのひとに みせれば さびしくないと おもいました。

めでたし めでたし

たまころ写真

2018年11月06日 14:32 
日記 (写真・イラスト付き日記 vol.2) | comments(1) | trackbacks(0) |

爪楊枝1ケース分が飛散して悲惨

爪楊枝飛散動画

よりにもよって冷蔵庫と壁の隙間に全部落ちた。

爪楊枝飛散画像

片付ける気になるまで1時間かかった。

2018年10月03日 05:17 
日記 (写真・イラスト付き日記 vol.2) | comments(1) | trackbacks(0) |

mineo/LINEモバイル/UQ mobile使い比べ

さらばmineo

スマホをmineoのAプラン(au回線)で使い始めてから3年以上経った。
料金・通信速度ともに不満はなかったが、昨年引っ越してから電波の繋がりが悪くなってしまった。

実家に帰省した時にはバリx2に速度が出たので、地域的な問題なのだろう。
一番使いたい、仕事の休憩の時にほとんど通信不可能になるので、古びたスマホを買い替えるついでに他の通信会社に移ることにした。



格安SIM3社の比較

新しいスマホは、au・ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのどの通信回線でも使えるSIMフリースマホを買うことにした。

通信会社は、速度に定評のあるUQ mobile(au回線)に決めていた。

だがそのままUQに行くとLINEのID検索ができず不便なので、少しの期間だけLINEモバイルを併用することにした。


mineo(au、ドコモ、ソフトバンク回線)のデータ

・最低利用期間・解約金:なし
・初期費用:契約事務手数料3,000円 
SIMカード発行手数料Aプラン(au回線)230円(税抜)/Dプラン(ドコモ回線)341円(税抜)

・月額基本料金Aプラン:デュアルタイプ【データ通信+音声通話】 容量3GBだと 1,510円(税抜)
・月額基本料金Dプラン:デュアルタイプ【データ通信+音声通話】 容量3GBだと 1,600円(税抜)

・MNP転出手数料:利用12カ月以内 11,500円(税抜)/12カ月以降 2,000円(税抜)


LINEモバイル(ドコモ、ソフトバンク回線)のデータ

・スマホでLINE認証が可能。一度認証するとずっとID検索が使える。

・最低利用期間・解約金:音声通話SIMのみ12ヶ月以内の解約orMNP転出で9,800円(税抜)が発生
・初期費用:登録事務手数料3,000円(税抜)/SIMカード発行手数料400円(税抜)

・月額基本料金:データフリープラン1GBの場合: データSIM 500円(税抜)/データSIM(SMS付き) 620円(税抜)/音声通話SIM 1,200円(税抜)
・MNP転出手数料:3,000円(税抜)


UQ mobile(au回線)のデータ

・契約しなくても、通信速度や対象スマホを無料で試すことができる

・最低利用期間・解約金:データ高速+音声通話プランの場合、12ヶ月以内に解約すると9,500円(税抜)が発生
・初期費用:3,000円(税抜)

・月額基本料金:データ高速+音声通話プランの場合 容量3GBで1,680円(税抜)
・MNP転出手数料:利用6ヶ月以内6,000円、7ヶ月目以降は3,000円



SIMフリースマホを購入

2〜3年は快適に使いたいから新しめで新品、で3万円位、電子マネーを使いたいから日本製、というこだわりで探し、
シャープ SH-M05 AQUOS sense lite(2017年12月発売)」に決めた。
ジョーシン楽天市場店で4月時点で28,130円だった。


◆以前使っていた「ソニー Xperia UL SOL22」との主な違い
・デカい! ワンセグなし、バッテリー交換不可
・写真の綺麗さや音声の迫力が劣る
・指紋認証がある
・新たにアプリを入れなくても留守録、ブルーライトカット、スクリーンショット撮影、QRコード読み取りが可能
・シャープの公式サイトから壁紙や着メロがダウンロード可能

ハイスペックなSOL22よりグレードダウンしたが、新品だけあって動作は快適だし、コスパは良いと思う。



実際に行った手順と比較感想

Try UQ mobileでSIMカードを借りて、UQ mobileがmineoより速度が出ることを確認(0円)

→スマホAQUOS sense lite(以下AQUOS)を購入し、通信会社はmineoからUQ mobileへMNP転出
(本体代28,130円+mineoからの転出代2,160円+UQへの転入代3,240円)

→LINEモバイルのデータSIMを新規契約し、AQUOSに入れてLINE認証を済ませる。
(新規契約3,670円+月料金540円 )

→LINEモバイルを当月中に解約(0円)

→AQUOSと、UQ mobileのデータ高速+音声通話プランで運用中(月料金1,816円)

◆LINEモバイルもUQ mobileも、バリューコマースの自己購入サービス「バリューポイントクラブ』を利用して契約したので、後日数千円が戻って来た。


百人以上いる社員食堂でも、LINEモバイルは電波を掴んで速さをキープしていた。
mineoはほぼダメで、食事しながらスマホをいじろうとするのは時間の無駄になった。
UQ mobileはたまたま繋がる場所に行くとなんとか通信できるが、息の詰まるような遅さだ。

どうやら今住んでいる地域はau回線が弱いようだ。(同じ系列のWiMAX2+もアンテナ全開にならない)

早くも、UQ mobileの1年縛りが終わるのを待って、違う通信会社に替えたいと思っている。

2018年09月17日 05:27 
娯楽 (PC・ネット・スマホ) | comments(2) | trackbacks(0) |

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...