MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

御殿場高原 時之栖(ときのすみか)に行って来た


噴水ショー〜ヴェルサイユの光〜

時の栖への入場は無料だが、この噴水ショーは有料だった。(透明傘の貸し出しサービス付き)

日本で一番高い150mまで吹き上がる、と聞いても比べるものがなくてピンと来ないけど、夜だというのに虹が見えたのには感動した。

実はこれを撮ったのは昨年の11月末だった。
標高が高く、雪が降りかねない寒さの中で水しぶきが飛んでいたのだ。
真夏の今見ると涼しげであり、新型コロナウイルスの心配のない世界が懐かしくもある。

時之栖光のトンネル←全長約370mの光のトンネル。
過去最高のキラキラ★イルミネーション体験になった。

この美しさをぜひ伝えたかったけど、動画編集やら写真の選定やらが面倒臭くて後回しにしていたのである。


時之栖スローハウストゥインクル
丸い屋根のスローハウスヴィラ(戸建ての宿泊施設)と富士山。
この日は月は出ていなかったけど、個人的には、月明かりに照らされて闇に浮かぶ富士山が一番神々しいと思っている。

時之栖「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」
アート集団・ミラーボーラーによる体感型芸術作品。
12mのドームの中で、無数のガラスとミラーボールと鏡が反射し合って、常に輝きが変化している。

時之栖ツインツリー 時之栖の星の王子さま
樹齢120年のモミの木と、星の王子さまのオブジェ。
イルミネーションといえば、街路樹にたくさんの電球を付けたものを思い浮かべるけど、ここは手の込んだものばかりですごいな。


■12星座をモチーフにしたランタン・オブジェ
時之栖ランタン・オブジェ魚座 時之栖ランタン・オブジェ天秤座
魚座/天秤座

時之栖ランタン・オブジェ牡羊座 時之栖ランタン・オブジェ双子座
牡羊座/双子座

時之栖ランタン・オブジェ射手座 時之栖ランタン・オブジェ山羊座
射手座/山羊座

2020年08月14日 05:52 
娯楽 (旅行・温泉) | comments(0) |

JAFを自宅に呼んでバッテリー交換を依頼した時の料金

◆状況:自宅の駐車場に停めていた車が動かなくなった。
セルモーターが回らずエンジンがかからない。
最初はオーディオやETC機器の電源が入っていたのに徐々に反応しなくなる。
最終的にはリモコンでドアの開閉ができなくなり、乗れなくなってしまった。

◆対応:明らかなバッテリー切れの症状だから、JAFにバッテリー交換を依頼して、指定の時間に来てもらった。

◆作業時間:約5分。ただし作業の前後に確認と事務処理で時間がかかり、1時間近く立ち会いが必要だった。

◆JAF持参のバッテリー:古河電池 FB7000 44B19L

◆作業料金:JAF会員なので0円

◆請求金額:部品代の8,000円のみ
古いバッテリーは無料で回収してくれた。



詳細

今年になってからエンジンがかかりにくいとか、急に止まりそうになるとか、車の不調の兆候はあった。
が、もう9年も乗っているし、頻繁に起こる訳ではないから、ただのボロ症状だと思っていた。

第一、バッテリーに寿命があるのをすっかり忘れていた。
何か問題があったら、もうすぐ車検だから、その時に分かるだろうと思っていた。

最後にバッテリーを交換したのはいつだか覚えていない。
以前の取付日が2015年と書いてあったから、もしかしたらその時から放置していたかもしれない。


今回は買い物やクリーニング品の受け取りなど、出掛ける用事はあるけど、急ぎではないのが幸いだった。

解決方法をネットで調べていたら、JAFが自宅まで来てバッテリー交換をしてくれることと、自動車保険にロードサービスを付けていれば、JAF会員ならば部品代の一部が補償されることを初めて知った。
しかも保険の等級が落ちることもないのだった。

それで早速JAFに入会の申し込みをした。
入会金は1,500円、年会費は4,000円だった。

※当ブログではアフィリエイトプログラムによって広告を表示しています


ネットで入会申し込みをしてすぐにJAFのサービスが受けられるのではなく、翌日に仮の会員証が発行されるのを待たなければならなかった。(スマホで表示or印刷して見せるもの)

そして今回は、保険会社に電話をかけて、保険会社からJAFに依頼してもらう形になった。
(ちなみに俺が契約しているのは、おとなの自動車保険 by セゾン自動車火災保険だ)

さらにややこしいことに、今回ウチに来たのはJAFの人ではなく、JAFが委託する整備工場の人だった。
車は青と白のサービスカーではく、工場所有のシルバーワゴンだった。

このバッテリーはネット通販で6〜7,000円くらい。
工場でも6千いくらかで売っているらしいが、JAFの規定で一律8,000円なのだとか。
でも保険が適用されて、実際に払ったのは4,000円だけだった。


そんな訳で、JAFの入会費と合わせて1万円位でバッテリー交換することができた。
もっと安く簡単に済ます方法はたくさんあるかもしれない。

が、安倍ちゃんから貰った10万円を、車検・保険・税金など車関係に全て注ぎ込むつもりだったから、スッキリしている。


JAF領収書

2020年06月15日 03:21 
日記 (プチ事件・トラブル) | comments(2) |

ひとりライスシャワー

発芽玄米を作る会社で働いていた時、玄米から這い出て来るコメムシ(メイガの幼虫)をピンセットで取り除く作業があった。

毎日時間をかけて除去していたにも関わらず、梅雨が明けた頃に一斉に成虫になり、倉庫内が蛾だらけの悪夢的光景になったりした。

そんな訳で自宅では、米の保管はとにかく虫が新たに入り込まないことを重視するようになった。

米をジップロックの袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存する方法をヒルナンデス!で見たのだが、これだと鮮度も維持できるから、一石二鳥になる。

ヒルナンデス!米の正しい保存方法


買った米の袋に最初からジッパーが付いているものは、入れ替えしないでそのまま使っている。

野菜室、といってもウチのはただの引き出しだけど、そこへは袋を横向きにして、細長い形にして収納している。

いつもはそれで問題なかったのだけど、今回買ったアイリスの米の袋は硬い素材で、横にして空気を抜こうとしたら口が開いて、ライスシャワーが始まってしまった。


ライスシャワー画像1
電子レンジの上に放出〜からの〜

ライスシャワー画像2
床一面に散乱 ΣΣ(゚Д゚;)

ライスシャワー画像3
掃除機で吸い取ったら、紙パックがいっぱいになるほどの量だった。
約800gの発射だった。

2020年06月05日 05:58 
日記 (写真・イラスト付き日記 vol.2) | comments(0) |

spacer