MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

静岡に2年住んでみて 1

静岡県に一人で引っ越して来て2年が経とうとしている。
41歳から43歳になった。
住んでみて分かったことや近況を書いてみたいと思う。



静岡の食事

静岡に来て最初に感動したのは水のうまさだった。
飲食店で出される水が、アクアクララ並みに美味しくて、水を有料にするレストランがあっても良いのだと、今更ながらに納得できた。

居酒屋に焼酎のお茶割りがあるのは静岡だけらしいが、映画館でお茶を飲めるのも静岡ならではだろう。

コーヒーほど尿意爆発にならず、烏龍茶よりまろやかなのが良くて、俺もお茶を選択することが増えた。
それも濃い方が好きだから、自宅ではティーバッグではなくて、茶葉を常備するようになった。
(急須は洗うのが面倒だから使い捨てのお茶パックを使っている)


静岡と聞いて思い浮かぶのが、お茶・イチゴ・みかん・ワサビだったから、あちこちに畑があって、作物を運ぶ軽トラが往来しているのかと思っていた。

しかし実は、農業よりも漁業の方が盛んなようだ。
漁港は49ヶ所! 海水浴場54ヶ所! マグロ漁獲量日本一! カツオ漁獲量日本一! ツナ缶生産量日本一!
焼きそばに魚粉! おでんにも魚粉!

以前は、魚は、臭くなければ食べても良い、くらいの気持ちだった。
が、静岡では臭いものに当たる方が稀のようなので、職場の食堂では積極的に食べている。

「沼津魚がし鮨」に行ってからは、魚の一番美味しい食べ方は寿司であり、肉厚のものが至高、と思うようになった。
だからテレビで芸能人が海鮮丼とかを食べるのを見ると、大げさだと思うようになった。

沼津魚がし鮨 流れ鮨の近海握り



雪が降らない伝説

街には滅多に雪が降らないという話は本当だった。
昨年は1cm積もるのを1回見たが、今年は全くだった。

生まれてこの方、雪遊びをしたことがない人もいるのだった。

日本は四季がハッキリしていて、誰にとっても、夏の青空と冬の雪景色のイメージが対になって備わっているものだと思っていたが、ここ静岡では冬の方が晴天率が高いのだった。(夏は台風の通過が多い印象)

だから冬の方が富士山が綺麗に見えるのだと知った。


静岡の隣だが、12月に湘南〜鎌倉に旅行に行った時には、まだサーフィンをやっていることに驚いた。
冬の海に入るなんて、自殺か荒修行かのどちらかしか考えられなかったが、温暖な地域なら可能なのだった。

そして、政治が温暖な地域で行われており、冬の間、雪国の人達が防寒・暖房・除雪に費やすお金や時間(ひとことで言えば苦労!)は眼中に無いように感じてショックを受けた。


雪が降らないから、平日でも買い物に行ったりスポーツをしに行ったり、呑みにだって行ける。
引っ越しするにも雪解けを待つ必要がない。

そのせいかどうなのか‥‥早々と結婚して離婚する率は、アメリカ並みに高い気がする。
結婚生活に向いてないような、不誠実な男性と気の強い女性が多いのかというと‥‥周りを見る限りでは、そうかもしれない。

俺も一度、バツイチ女性の家に行って、小学生の子供達と一緒に「ザ!鉄腕!DASH!!」を見るという経験をした。
そういうのは全く想像していないことだった。



サイレントヒル・静岡

自殺の名所と言われる青木ヶ原の樹海(山梨県南部)は、足を踏み入れたら二度と出られないほどに広大で、付近の住民でも近づかない恐ろしい場所なのだろうと思っていた。

ところが、山梨と静岡を行き来する時には、樹海のそばの国道139号線を通るのが近いから、通勤道にしている人もいるのだった。

俺も何度か通ったことがあるけど、樹海と道路はちゃんと柵で仕切られていて、森林公園などと変わらないように見える。

いわば人の家の庭に勝手に入って自殺するようなもので、地元の人は死に場所に選ばないだろうなぁと思うようになった。


静岡は東京と大阪の中間地点だから、どちらにも遊びに行けて便利、という情報を魅力に感じていた。
しかし実際は、それは新幹線に乗る場合であって、家から新幹線の停車駅が近くないと当てはまらないのだった。

それで遠出をする時は車を使うことになるが、みんな同じだから渋滞する。

渋滞でイライラするくらいなら、広くてまっすぐで信号もない高速道路の方が良い。
東名と新東名の2つが県を横断している。
てなわけで、俺も頻繁に高速道路を使うようになり、軽自動車だというのにETCまで設置した。


次回は仕事・健康・恋愛と、実家のことを書く予定です。

2019年05月25日 05:30 
日記 (日記 vol.5) | comments(3) | trackbacks(0) |

「トレース 科捜研法医研究員の追想 」を無料で読む方法

関ジャニ∞の錦戸亮が主演を務める月9ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」。

この原作マンガである「トレース 科捜研法医研究員の追想 」は現在、Amazonをはじめあちこちのサイトで1巻分が無料公開されている。

作者が以前は科捜研の本物の捜査官だったそうで、犯罪の解明方法がよく分かる。
そのくせ主人公が何かを企んでいるものだから、面白くてハマった。

続きが気になってしょうがない、でも課金や登録はしたくないと思って見つけたのが、「マンガほっと」というマンガアプリだ。

使い方はスマホにダウンロードするだけ。
1日で読める話数は決まっているが、それを使い切ったことはない。

最近のちょっとした楽しみになっている。

2019年01月21日 01:01 
娯楽 (PC・ネット・スマホ) | comments(0) | trackbacks(0) |

2019年の年賀状

2019年の年賀状

今年の正月は帰省しなかった。
手元に届いた年賀状は1通のみで、あと1通は実家の方に届いたと聞いた。(せっかく新住所教えたのに!)

こちらから出す年賀状は、昨年から干支の動物を使ってあーだこーだするのは止めて、撮った写真をズバンと載せることにしている。

もはやその程度で良いと思うし、こんな景色を見に行ったよ、という良い知らせになるだろうから。


去年は富士山を使い、今年は山梨県の忍野八海で撮った写真を使った。
↓他の写真
忍野八海写真1

忍野八海写真2


普段の写真は某SNSに投稿することがある。
先日、静岡出身のAV女優、前田えま(加藤えま)ちゃんからいいね!をもらった。
嬉しくて、動画を探しまくった。

2019年01月07日 00:26 
日記 (写真・イラスト付き日記 vol.2) | comments(2) | trackbacks(0) |

spacer

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...