MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

PC漬けの休日

ネット上に初めて日記をUPしたのは、数年前のあるコミュニティーサイトでだった。(現在閉鎖)
1年半前に今の仕事に就いてからは、疲れ果てて、パソコンを立ち上げることもままならない状態になっていた。
でも時々、その日の出来事を書き留めてみたり、見た映画の感想をまとめてみたくなる。
そういうわけで、心の拠り所として、流行りのブログに手を出したのだった。

今週末には、課に新しく転属して来た人の歓迎会がある。
そんな機会でないと酒は飲まないから、着て行く服を用意したり、当日どのような段取りでオシャレというか清潔にして向かうか、ということを考えたりする。(ホントはシャワーを浴びたいが、今回は時間的に無理)
二次会のことも意識する。
いかに酔っていても、カラオケで手を抜かずに歌いたいという願望がある。
そういうわけで、いくらか曲を覚える為にCDをレンタルして来た。
ミスチルとm-floの新作アルバム。
山崎まさよしのベスト。
それから意外に歌い易いユーミンの、『ついてゆくわ』。

良さげなブログ探しとMP3作成。
そんなこんなをやって、結局はPCに張り付きっぱなしの休日だった。
8日に我が家にやって来た子犬のめぐ(オス)は、この2日の間にまた一回り大きくなったようだ。

2005年10月16日 01:44 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

踊り続ける


自殺者の大半は低所得か、借金持ちなのだと思う。
生活には困らない程度の収入があったとしても、悩ましい現状から脱出する程の余裕は無いんだと思う。
一生遊んで暮らせる程の金があってもまだ自殺を考えるのなら、それは本当の心の病気なんだと思う。


水曜日はノー残業デー。定時後すぐに外に出ても、外はもう暗い季節になった。
利息が高い上に、毎月の請求書郵送が鬱陶しい○○ローンを、別の消費者金融からの借金で返済した。
これでいくらかスッキリした、と思ったら、家には「未納分の国民年金を徴収しに伺います」という手紙が届いていた。今月はもうそんな金は残っていない。借りたばかりなのに、また借りる予定が入るというのはユーウツだ。

それから歯医者に行った。月に2・3回通い続けて1年半を超えた。
以前はインフォームド・コンセントがバッチリだったが、最近は治療をする側もされる側も機械的。
「新しく作る歯は保険効くヤツで良いんでしたっけ?」
と急に聞かれて驚いた。「結構ヒドくなってますねぇ」とは言われていたが、そこまで悪化してるとは思わなかった。
保険適用外のヤツは7万いくらか、適用のヤツは1万いくらか、ということを聞いて、迷わず安い方を選んだ。
今年はスタッドレスタイヤの購入予定もある。夏の車検と整備で20万が飛んで行った。7万という数字だけでゾッとする。

せっかく早く帰っても、借金と不健康を実感して終わる1日は息苦しい。
久々に独りカラオケに行った。昔に比べて随分安くなったものだ。
店の外には、飲み物とコンドームの自販機が置いてあったから、若者達の気軽な交尾場になっているのだろうか。上下無地のスウェット、というかパジャマみたいな格好のギャルを見たのは人生で二度目だ。
今度の飲み会では、ビリケンの『あの素晴らしい愛をもう一度』を歌おうと決めた。
カラオケ屋では結局、¥1,200で3時間歌い続けた。

2005年10月19日 00:00 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

一生懸命傷付かないように生きて

今日は新人さんの歓迎会のある日。
開始は18時半、ということは、定時内に仕事を終えなければならないワケで。
こんな日に限って、測定設備をなかなか使えなかったり、ハードディスクのヘッドに汚れが見つかったりして作業が増えて参った。
順調ならば2つの解析結果を提出出来たが、18時近くまで掛かって1つしか出せなかった。

歓迎会は焼肉屋の小宴会場。
焼肉屋で焼肉を食べるのは、8年近く前に、レバ刺しに当たって以来のことだった。
あの時は帰り道の途中で意識を失い、深夜徘徊中のヤンキーの兄ちゃんに心配されて気が付き、家に着いてからは嘔吐と下痢と胃痙攣でしにそうな気分を味わった。
今回は、ビールは腹が膨れるなぁ、と思っていたら、次第に気持ち悪くなって来た。
前夜の寝不足が悪いのか。
ビールと肉の組み合わせが体に合わないのか。
誰かがレバ刺しを頼んで勧めて来たのが悪いのか。
それとも、ハゲネタがいつまでも続くことに拒否反応を起こしたのか。
全部が悪い方に合わさった気がする。
2時間の食べ放題時間が終わり、「二本締め」で一旦締められて(柏手かいな)、夜はこれから、という雰囲気になって来たけど、代行車を呼んで帰ることにした。
酔っておかしくなった仲間を見ると、その後の付き合いが気安くなるけど、今回は仲間どころか新人さんのこともほとんど解らないまま自ら幕を引いた。
家までの代行料金は¥3.300だった。

酔った勢いで、犬のめぐ(オス)の目の前で屁をかましたら、それ以降少し恐れられるようになった。
その後はシコって寝た。

2005年10月21日 00:32 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

干渉されない

設備や人間関係の観点から働きやすいと思える職場の条件は何か。
3ヶ月以上の職場を経験した女性派遣社員にたずねた。

1 トイレがきれい 233
2 正社員と派遣社員の間に壁を感じずにつきあえる 217
3 干渉されない 185
4 あいさつしやすい 180
5 同じところから派遣されている社員がいる 156
6 がんばりに応じて契約社員や正社員などへの道がある 138
7 制服がない 131
8 おいしいお茶やコーヒーが無料で飲める 123
9 弁当を食べるスペースが充実している 115
10 仕事がきつくても給与が高水準 113
11 上司や同僚に悩みを相談しやすい 112
12 社員食堂が充実している 98
13 きれいな休憩室がある 91
14 責任のある仕事をまかせてもらえる 89
14 朝礼がない 89
【日本経済新聞 2005/10/15】より

同じく派遣スパイラルにハマっている者として、上記に挙がった設備等が、会社での過ごし易さに繋がるのはすごく分かる。贅沢過ぎる意見もあるとも思うけど。
今の職場では毎日朝礼があって、約1週間に1回の順番が回って来ると、司会と小咄をしなくちゃいけないのが強いストレスだ。司会進行はともかく、家と会社の往復の毎日の中から小咄を捻出するのは大変。
突っ込み専門のうんこ上司が嫌。


今日は隣の市まで行って、ビデオ屋を2軒回って来た。
『素人マダムズ 大全集3』と『豹変2』というAVを借りた。
性欲の強いオナゴで抜きたかった。(感想は11/6の日記にUP)
車で聞いたユーミンのラジオ番組では、あややが説教されていた。

 

2005年10月30日 02:15 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

バカだからわかんない

雪は降ってなくとも、とーほぐの冬はもう始まっていると感じる。
寒さ、早い日没、曇りがちの天気がそう。
日曜日は統計的に晴れる割合が多いらしいが、ここ最近の土日は雨か曇りばかりで、休日の外出意欲を一層削がれる。
今日はせっかく晴れたのに、頭が痛くて寝てばかりいた。
「オリエンタルラジオ」が県内に営業にしに来てたので、是非とも行きたかったが、それも断念。
休日に寝過ぎるとニコチン切れを起こして頭痛になるのか、ただのウツ病なのかは不明。
そういう訳で、テレビをたくさん見て過ごした。

NHK ミニミニ映像大賞』は、個人的には鳥のアニメがインパクトが強くて、勝手に大賞候補に挙げていたが、受賞は別のだった。
出演のコが可愛い上に、脇チラ(エロス)もあったから、まあ良いんではなかろうか。
最後に応募者名全員を紹介していたのには感動した。

歌唱力とかはともかく、俺が無性に惹き付けられる歌声の持ち主は、とりあえず3組いる。
「ビリケン」と「川嶋あい」と「やなわらばー」だ。
その「やなわらばー」が、『ぼかぼか地球家族』という番組のオープニングを歌っているのを初めて知った。
もっとメジャーになると、タモリとかキンキの歌番組に出演してヘンにいじられて、今後の曲制作に影響がありそうで少し心配してしまう。かつてCoccoがタモリにドモリをダメ出しされていたのを思い出す。


キャバリアは人なつこくて聞き分けが良くて飼い易いということだが、ウチのめぐ(生後半年)はとにかく構って欲しくてしかたがない時期のようだ。
御飯どきなんかは、人のを喰いたいやら遊んで欲しいやらで、ひとり運動会が始まって邪魔。
今日は満腹も何も、食卓には「ほっかほか亭」の「牛すき重」しかなく、深夜の腹減りタイムにはポテチを食べた。
『カルビーポテトチップス 北海道優良生産者じゃがいも使用(数量限定品)』
「素材のおいしさをひきたたせるため、あっさりしたうすしお味に仕上げました」というが、自分の味覚異常かと思える位、薄味だった。(じゃがいも感が強いわけでもなく)
実は風邪をひいているのかもしれないが、バカだからわかんない。

2005年11月12日 03:34 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

馬鹿じゃないのっ!?

俺「おはようございます」
皆「おはようございます」「ザイマス」「うす」
俺「今日の朝礼を始めます。連絡ある方いらっしゃいませんか?」
皆「…………………………」
俺「……では私からですが……先週風邪をひいて頭痛腹痛があったんですが、バファリンとかを飲むより風邪薬の方が効きが良かった感じでした。
風邪が疑われる時には、早めに風邪薬を飲んでおくのが一番かなァと思いました。
………他に無ければこれで終わります。」
皆「…………………………」

こんな朝礼に意味はあるのか。その日の当番の人は、仕事のプチ提案、天気、健康、時事ネタ等を他の人とかぶらないように発表しなければならない。
寝不足になるほど必死でネタ探し。我ながら馬鹿らしいキレイゴトばかりで苦しくてしょうがない。


「全ヘッド出力無し」(ハードディスクのディスクに書かれた情報を一切読めなくなる状態)という故障の解析を1日掛けてやるつもりでいた。
全ヘッドがオダブツになっているということは、激しくクラッシュしてるか、部品のどこかで電気の流れがおかしくなっている、という場合が多い。
今日のは後者の方だった。
部品の故障を証明する為には、故障していない部品と交換して、正常になるかどうかを試さなくてはならない。
それには半田を使った接合作業が必要なのだが、俺はほとんど上手く出来たことがない。
平らな基盤とかではなく、半田付けの為に飛び出している場所(約0.5mm間隔幅で脆い)があって、作業中に熱や衝撃、静電気等が過剰に伝わると、繋がっているヘッドが壊れて機能しなくなってしまう。
ようやくキレイに半田がくっついたと思ったら、過熱のせいでヘッドは死んでいた、なんてことはよくある。
素早く的確にやればそんなことは無くなるというから、熟練が必要。
そういう訳で、午前中は別の不要品を使って練習して本番に備えた。

そして本番。自覚のないままいつのまにか死亡。外傷は無し。多分内部で熱破損。
先輩社員には以前から、この接合について「ある程度練習しておいて、いざ取り付ける時にヤバそうな状態になったら呼んで」と言われていた。しかしヤバそうだとは感じなかったし、後の祭り。
結局は、異常のないヘッドに故障部品を取り付けるとどうなるか、という面倒な手段で解析することになった。
先輩社員には「恥ずかしいんだか何だか知らないけど、こんなことなる前に言えよなー」とか説教された。
フツーにやるだけやったつもりだが、作業は彼任せになって楽になったから何も言い返さなかった。


残業中はとても疲れていた。
同僚I君(20歳)に「こんな仕事アホ臭いからもう帰る」と言ったら
「俺ももうウンザリだよ。ここで人生をリセットしようかな」と返された。
人生を終わらせるとか、リセットするとか思ったことは誰でもあるわいな。
でも人は無意識のうちにセーブデータを取っていて、手首切っても首吊っても、そのセーブポイントまで戻ってしまう・・・なんていう設定の映画は作れないものか、てなことを思った。

2005年11月15日 23:51 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

大人の詩

I君がドライバーを落とした。

Hさん(32歳、妊娠7ヶ月)がそれを見ていた。

俺はここぞとばかりにHさんのパイオツを見た。

CからEカップ位になったようだ。

たっぷり詰まっているんだろうな。

2005年11月17日 00:33 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

1リットルの○○

剥き出しの感受性を抑えて、楽に過ごす為に手に入れたのは、鬱だったのだと思う。
多くの欲望、無駄遣いの魔力を曇らせているのは、タバコなのだと思う。
家人の手料理をボソボソと食べ、コーヒーとタバコを際限なく取り入れ、テレビとネットの世界、そしてベッドを往復して過ごす休日。(しかし岩尾のスカパー映像は確かに衝撃的だった)
買って手に入れたい物はあるが、準備して出掛ける元気がない。

コーヒーのストックは切らしたくない為、サンクスへは行った。
夜間だと、店長らしきオッサンか、接客声を意識し過ぎてエロい感じ(外人AV系)の姉さんがいるはず。
姉さんは居なくて、代わりにいかにも唾を飛ばしているようなクシャミを連続でかますオバサン客がいて、すごく不快になった。
でも後になって姉さんはトイレ清掃から出て来て、レジ担当になって嬉しかった。
週末の夜にこのバイトをすることになった経緯は不明。

今日買ったもの。
・カルビー ポテトチップス こんぶしょうゆ(地域限定品)
・キリン FIRE スカイマックス(ホット)
・ブレンディ 挽きたてカフェオレ エスプレッソ仕立て
・ロッテ クランキーウォーキングバー マカダミアスカッチ

「袋別々にしなくても良いですか?」
「あ、一緒で良いです」
今日人間と喋ったのはそれだけだった。2日風呂に入ってないから体が臭い。

2005年11月19日 01:28 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

INSPIRATION

通勤時に『Roots today's inspiration』というラジオCMを漠然と聞いているが、先日の↓の話は心に残った。
将棋の世界では、攻め方は何十パターンもあるが、限られた時間の中で思い付くのはせいぜい2・3個。しかしプロは直感を信じて打ち、その7割は正しいのだという。

昨日『ソウルカラー占い』というのをやった。
それによると、俺のスリーピングカラー(深層意識)はターコイズで、
「あなたの中に秘められているのは、直感を信じる能力と、クリエイティブな才能。変化することを怖がらず、平凡なことよりも常に新しく面白いものに惹かれていて、個性的な発想やヒラメキが見られます。また、外見にはそれほど強く現れていなくとも、奥底からは進歩や冒険という非常に前向きなパワーがいつもふつふつ・・・。この活発なエネルギーを利用することで、常に未知なる可能性にチャレンジすれば、たくさんの人々に変化のきっかけを与えられる人になるでしょう。」
という結果には何か勇気付けられるものがあった。

“あなたはどんな恋人が欲しいですか? 3つの条件を挙げて下さい”
(例:ナイスバディ、ナイス性格、グッドルッキング)
“その3つの条件を満たす人が2人居るとします。どちらかを選ぶとしたら他にどんな条件を挙げますか?”
(例:性器が臭くない)
→→で、最後に出た答えが、先の3つの条件よりも本当は重要視している項目なのだよ、という心理テストなのだが、最後に「ピンと来たから絶対右の人」と答えた友人がいた。
彼は直感信仰が酷くて、モラルやデリカシーどころか、思考力や記憶力も鈍くなっていてウンザリして来たから付き合いを止めた。
俺の、直感よりもデータ重視、という考え方はその頃から強くなったのかもしれない。

しかし20代後半を過ぎると、十年前に買った電化製品は次々壊れるわ、パンツのゴムは伸び切るわで、最高の物を選び抜いて買おう、という情熱はだいぶ薄くなった。
有名ブランド=それなりに質が良くて長持ちするのが多い、という見方も知った。

さて果たして、今必要だと思う『テンピュール枕』はどのように選ぼうか。
インテリアショップにはgoogleの1発目で出て来るようなのがあったが高かった。
無印良品には低反発のしかなかった。寒いと硬くなるのはマットレスで懲りているから素通り。
もう帰ろうかと思ったが、エロパワー補給(視姦ネタ)があるかも、と思いジャスコへ。
マッサージチェアーで死んだように眠る婆ちゃんがいた。(笑)
寝具売り場をくまなく回ると、インテリアショップで売っていたのと同型でより安いのを奥に発見。最後の1つだった。
経験上、最後の1つは何でも、次に来た時にはもう無いことが多い。
値切るのも忘れて即買いした。

今日の直感行動は正しかっただろうか。これからの眠りが楽しみだ。

2005年11月20日 00:02 
日記 (日記 vol.1) | comments(0) | trackbacks(0) |

まっすぐのうた

テンピュール枕『ミレニアムネックピロー』1夜目。
固さが心地よい。肩口が凹んでいるのが寒さも逃げなくて丁度良い。
しかし高さが合わない! フツーの男性の頚椎なら、このMサイズで良いということだったが、かなりの圧迫感。慣れるとか言う前に窒息するっちゅーねん。
日中たっぷり昼寝したのもあって、ほとんど眠れなかった。
今夜は反対側を頭にしてみて、ダメだったら交換だな…。(Sサイズは売り場に無かったのがユーウツの種)

ガチャ目最近は二度寝中に、よくガチャ目(斜視)の人が夢に出て来てハッとする。
ウチの犬もそうだし(写真うつり悪い)、職場でも何故かガチャ目の人は多い。
小学校の時、友人(男)の家で裸でセックスごっこをしていた時、彼の祖母に見つかったことがある。
その祖母はテリー伊○並みのガチャ目で、ほとんど視力が無いものと思っていたが、両のまなこでしっかり見ていたというのは衝撃的だった。
また、別の友人の母親は盲目で、片方の義眼はアッチの方向を向いていたが、それでも職場まで歩いて通い、ちゃんと料理もしていることに、感服というよりも何か次元の違うものを感じていた。

目の病気じゃなくても、神経質な人が周りを気にし過ぎてガチャ目になると思っていた。
実際、恋人がノイローゼ気味になった時もそんな目付きになっていた。
見つめ合うとこっちまでヘンになるような気持ち。
しかし、左右の視力差がきっかけになるのは大いにあると思う。
俺は現在、左1.2、右0.8。どっちかに乱視も入っているのか、少し遠くの物を見ると、まぶしいような、めまいがするような感じがする。
雪道の運転は脳内で信号が混乱しまくるのか、通勤だけで激しい神経疲労を感じる。
この前自分の写真を撮ったら、とうとう右目がどこかを見始めていた。すごくヤバいことだと思った。

以前から視力差を何とかしようと思っていたが、遅くともこの冬の間に手を打つべきだ、という夢のお告げなのかもしれない。
というか、こんなんだからハゲるんだと思う。

2005年11月21日 00:59 
日記 (日記 vol.1) | comments(2) | trackbacks(0) |

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...