MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

「ハウルの動く城」の感想

ロマンアルバム  ハウルの動く城金曜ロードショーで『ハウルの動く城』を見たので感想書き残し。
絵の美しさや個性的なキャラ、途中までの盛り上がりは、さすが宮崎アニメと思った。映画館で見れば、もうその要素だけでモトを取った気分になれるのではないだろうか。
個人的には、かかしのカブ(呪解後含む)、マルクル(よそ行きモード含む)、犬のヒンがくるくる回る所が特に愛らしいと思った。
話題の声優については、以前放送された特集番組で知っていたので、倍賞千恵子の少女声を興味深く聞けたし、キムタクや我修院達也はやっぱり気持ち悪かった。美輪明宏は予想通りだったが、実年齢のおばあちゃん状態の時の声が秀逸だと思った。

魔法で急激に老けた代わりに、老人力(慌てない・驚かない・執着しない等)を手に入れたソフィー。外見や力を強く求めるハウル。その2人の対比が、全てを奪う戦争を背景にして何かテーマになっているのかと思ったが、よくわからなかった。
動く城の、開ける度に違う世界へ繋がる扉と、心の扉とに何か掛かっているかと思えば、それもよくわからなかった。城は心の殻の象徴で、解体されて希望だけが残ったってこと?

不条理な呪い(事件・事故・病気)を掛けられ、人生がねじ曲げられる可能性があるのは現実も同じ。だけど人間だもの、人間同士、老若男女助け合って生きて行きまっしょい。自分らしさなんて帽子1つで充分、毎日が生まれ変わる(扉の先を選択する)チャンスなんだ!なんていうメッセージがあったのだろうか。
素晴らしく感動することはなかったが、とりあえずハッピーエンドで良かったネ。

俺的なジブリランクは変わらず
1位:もののけ姫
2位:天空の城ラピュタ
3位:海がきこえる

2006年07月23日 23:01 
娯楽 (映画・テレビ・DVD) | comments(2) | trackbacks(3) |

 
TBありがとうございました。
お返しにTBさせていただきました。
コメントの方にもお返事を書かせていただきましたので
良ければ見てやってくださいな。 m(_ _)m

ジブリ作品は色々なメッセージが含まれてると思うのですが
今回は特に難解だったと思います。 (´・ω・`)
この作品は男性より女性の方が理解できるかもしれませんね。
| 蒼志 | 2006/07/26 03:44|

蒼志さん、コメントとTBありがとうございました。

ホントに、あちこちのブログを覗くと、男性よりも女性の方がすんなり見れたみたいですねぇ。男性は善悪メリハリのある戦いを見慣れてしまったからでしょうか。
ソフィーが年老いたり若返ったりする所にも敏感だったりするのが面白いなぁと思いました。

| MAS | 2006/07/27 02:59|


 
※非公開






「ハウルの動く城」感想
ネタバレ含むので以下反転。 ぶっちゃけ、よくわからなかった。 …といってしまえば終わるので詳細に。 まず原作があるって事をすっかり忘れてた…。 orz つまり原作が存在する「ゲド戦記」と同じという事になる。 エンドロールで気が付いた俺アホス。 (´・ω・
| Monolog ~最近はパンヤ日記?~ | 2006/07/26 3:44 AM |
ハウルの動く城 
なんだか、世間の評判が思いっきり賛否両論に分かれたせいか、過分な期待がなかったぶん“純粋に楽しめた”意味でラッキーでした。 もう、序盤から、宮崎ワールド全開! 彼ならではの独特のセンスや映像美が堪能できた意味で、既に充分、満足… うっすら知っては
| のほほん便り | 2006/07/26 7:03 AM |
ハウルの動く城(映画)
今更ですが、感想を・・・ いんやぁぁぁ〜。面白かったぁ。ほら、この映画が上映された 頃はいろんなこと言われてて、面白くないだのなんだの っていう噂が先行してたので、ちょっと躊躇して見にいかなかった んですけどね。 この間金曜ロードショーでやってたので
| Simple*Life | 2006/07/30 10:19 PM |
【前後の記事へ】
<< 頭のカビをやっつけろ! 後編 | HOME | 禁忌キッズ >>

spacer

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...