MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

「メルカリ アッテ」で2人と会った話 4

奇しくも、会うことになったその日は土曜日だった。
土曜の夜9時過ぎといえば、ヤフオクに最も人が集まる時間帯。
少しでも高値が付くように、わざとその時間帯に落札が終了するように複数出品しているのだ。

そんな焦る気持ちをますますかき乱すようなメッセージが届き続けた。
男「日程はいつにしますか?」
男「間違えました」

俺「到着しましたら連絡下さい。10分以内に行って、ソフトバンクの店の前に車を停めます。車は〇〇です。」
男「まだかかりそうです!近くなりましたら連絡します!」

男「後10分くらでつきます!」
俺「はい、これから行きます」
男「つきました!」

ホントに来ちゃったのかよー!と思った。


ソフトバンクの前には白いワンボックスカーが停まっていた。
運転席と助手席に男性が二人。
車内では青い装飾が光っていて、いかにもな感じだった。

こちらから先に外に出て、近付いて行った。
すると運転席の大柄な男性が降りて来た。肌は日焼けしていて瞳孔が開いている。

「あ、トシさんですか?」
「どうも遅くなってすいませんでしたー」
質問に答えないのかよ、と思いつつ、意外と礼儀正しくて、少し安心した。


MIKAさんとのやり取りから学んだので、手ぶらのうちに先にお金を出してもらった。
すると、お礼を言うのを遮るように
「見せてもらって良いですか?」
と俺の車に近付いて行った。

やっぱり危ない人だ、と思い直した。
「一応、確認して下さい」と言いながら渡した。
10kg近くある物を片手で抱えて、もう片方の手で箱を開けて、
「はい、大丈夫です」と言っていた。パワーもすごい。


改めて明るい所で確認したら傷があったとか、因縁を付けられたらまずいと思って、すぐ帰ることにした。
「それじゃあ、失礼しますー。遠い所からありがとうございましたー」
と言って彼の方を見ると、車内照明が付いていて、後部座席にもう一人いるのが見えた。

奥さんだろうか、お水風の綺麗な人だった。
その人におじぎをしたが、こっちを見るばかりで、返してもらえなかった。


そうして逃げるように帰って、MIKAさんが初めての人を怖れていた心境が分かったのである。
ちなみに今回の取引も、お互い「良い」評価だった。

おわり

2016年11月16日 05:58 
日記 (日記 vol.5) | comments(1) | trackbacks(0) |

 
TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/01/24 14:13|


 
※非公開






【前後の記事へ】
<< 「メルカリ アッテ」で2人と会った話 3 | HOME | 自作パソコンが壊れるとき >>

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...