MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

自作パソコンが壊れるとき

太陽光で携帯の充電をすることができる「ソーラーモバイルチャージャー」をいざという時のために保管していたが、本当にいざという時に充電できるのか、試しに外に出してみた。

しかし何年も放置していたから充電池はすっかり空で、最低限の電圧が確保されていなかったため、充電中を知らせるランプが点かなかった。

そういう場合はパソコンに繋いで、ある程度まで充電してから使わなければならなかった。

では、とコードをUSB端子に挿した途端に、パソコンの電源が落ちた。
部屋の電灯も一瞬暗くなったので、たまたまだと思った。

すぐに再起動したらパソコンは問題なく使え、その日のうちにモバイルチャージャーの充電も完了した。



信じられないことに、翌日からパソコンの電源は全く入らなくなった。
何が原因なのか、どうしたら直るのか。
診断機器や代替え部品もなく、頼れるパソコン博士もいない。

これまで自作パソコンの良さだけを味わって来たが、故障して初めて、ハイリスクの上に成り立っているものだと知った。

そこからスマホで「パソコン 電源入らない」等で検索して少しずつ手がかりを探して行くのはとても困難な作業だった。



■状態
マザーボードの給電ランプは点滅している。
組み立ててから2年半、ケース内部を掃除していない。


■それからやったこと
まずは内部清掃。電源の吸気フィルターに埃が詰まっていた。
寿命が近付いていた可能性もあるから新しい電源を買って来て取り替えた。
内蔵電池も取り替えたけど、減ってる兆候がなかったし、こっちは関係なさそう。

それでも直らず、マザーボードを新しい物に交換。
規格がいつのまにか世代交代していて、気付かずCPUをセットしたところ当然破損!
CPUもひん曲がってしまった!

また新しいマザーボードを取り寄せて付け替え!
CPUは力づくで、ほぼまっすぐにして取り付けた。

それで何とかパソコンは復活した。

後日パソコンショップで、取り外した電源の故障診断をしてもらったところ異常はなかった。

となると、今回のパソコン起動できない問題は、モバイルチャージャーから電流だか静電気だかが流れて過電流になり、マザーボードが故障したのが原因と思われる。



■掛かった費用
・電源(FSP RAIDER RA-650) 8,402円
・内蔵電池(CR-2032) 238円
・マザーボード(ASUS H170-PRO) 14,148円
・マザーボード(ASUS H97-PLUS) 10,270円
・CPUグリス(AD-DA シルバーグリス Arctic Silver5.0) 1,480円
・電源のクイック診断料金 500円
合計 35,038円


■パーツをオークションやフリマアプリで売り払った額
・2年半使った電源(FSP RAIDER RA-750) 1,100円
・故障マザーボード(ASUS H87-PRO) 1,170円
・破損マザーボード(ASUS H170-PRO) 1,082円
・1回使ったグリス(AD-DA シルバーグリス Arctic Silver5.0) 380円
合計 3,732円

この二つの差額31,306円で新しいパソコンを買ったと思えばまだ救われるかな。



■教訓
今度からUSB機器をパソコンに挿す時は、端子を金属に触れさせて静電気を逃がすことにする。

それから、パソコンの自作を人に勧めるのは金輪際止めにしたい。
自分でも今度はメーカー製のを買うかもしれない。

パソコンで、大画面を使って厳選した物を、なるべく安く買うのが俺の楽しみだ。
それが今回は、急いでスマホで探したパーツを、近くの店でテキトーに買う状態になって、大いに気が滅入った。

安くそこそこの値段で買えるパソコンがあったらなぁ、と思ったのだが、そんな時にスティックPCを選択肢に入れるのも良いかもしれない。
と後で思った。

2016年12月10日 05:35 
娯楽 (PC・ネット・スマホ) | comments(0) | trackbacks(0) |

 
TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)

 
※非公開






【前後の記事へ】
<< 「メルカリ アッテ」で2人と会った話 4 | HOME | 古いPHSと故障スマホの買取価格@ゲオ >>

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...