MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

あるオッサンの旅行突入記

GWに中止になった密会を、急遽、8月6日に東京で実施することになった。
俺にとっては久しぶりの旅行であり、久しぶりの交尾機会である。
この1週間は、近年稀に見る慌ただしさで過ごすことになった。

7月29日(土)
長らくぶっ壊れたままにしていたビデオカメラを、修理専門店「ドクターK's」に持ち込む。
修理代は2万近く、期間は1ヶ月位掛かるかも、と脅される。(それが無理で後回ししていた)

7月30日(日)
デジカメ安売りのチラシに惹かれたが、果たして買い得なのか調べたりする。
ユニクロに行ってズボン2着を買う。

7月31日(月)
百円ショップで着替え入れ用の袋と、顔剃り用のカミソリ等を買う。
宿泊先のネット予約をする。

8月1日(火)
仕事仲間からカラオケに誘われたが、予定通り1人で温泉施設に行く。
(詳細記事⇒ [世界の中心で、ケツを出す] )

8月2日(水)
仕事後に整体医院に行く。
(詳細記事⇒ [気導戦記 前編] [気導戦記 後編] )
そこそこ安くて、電池が長持ちで、暗めの部屋でも写りが良いデジカメはFinePixF10以降という結論に達したが、購入まで間に合いそうにない。

8月3日(木)
職場では3人も同時に休み、朝からウンコ上司は説教モード。
そんな中、7日の有休届けを出すことに成功。

8月4日(金)
会社の飲み会が終わった後、眠気をこらえながら新幹線の切符を予約。
ドクターK'sからは修理完了の電話が入っていた。

8月5日(土)
午前中に皮膚科と歯医者をハシゴする。
皮膚科ではカサブタを取られ、残っているニゾラールを使い切るように言われる。
歯医者では歯根治療がひと通り終わったが、まだ左側で噛むことは許されない。
着て行く服を洗濯し、その間にビデオカメラと切符の受け取りに向かう。
ビデオカメラは軽い電気接点故障だったので四千円で済んだ。覚悟していた金が余り、デジカメは彼女のを借りることになっていたので、SDメモリーカードと長持ち電池「eneloop」を購入。
そして明日の準備などをしているうちに力尽きる。

2006年08月05日 19:29 
日記 (おっさんシリーズ) | comments(0) | trackbacks(0) |

 
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 
※非公開






【前後の記事へ】
<< 今年の自動車保険選び | HOME | 世界の中心で、ケツを出す >>

spacer

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...