MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

ララバイSINGER

今年の紅白歌合戦で最も聞きたいのはTOKIOの「 宙船(そらふね) 」だ。
この曲は今年の俺的ベスト10に入っている。

しかしTOKIOは、作詞作曲した中島みゆき本人が歌うのを聞いたことがなかったという。(中島さんがあえてデモテープを他人に委ねた為)
Mステのアルバムチャート紹介時に、初めて聞いた長瀬君がエラく感動していたのを見て、是非とも借りたいと思った。

ララバイSINGER
タイトル: ララバイSINGER
歌手: 中島みゆき
1952年生まれ、1975年「 アザミ嬢のララバイ 」でデビュー。

1975年といえば俺の生まれた年だ。俺はこれまで、浸ったり遠ざけたりしながら中島さんの曲を聞いて来た。(初恋の人が同窓会の時のカラオケで、「 悪女 」を歌っていて複雑な気分になったりもした)

中島さんは31年の間にたくさんの曲を作り、たくさんの人を喜ばせ、縁談を諦め汗 近年は自分の仕事はララバイ(子守唄)シンガーと思うようになったのだという。
そしてこのアルバムで原点に還った。
なかなか興味深いではないか。

《 収録曲 》
1. 桜らららら
2. ただ・愛のためにだけ 【岩崎宏美への提供曲】
3. 宙船(そらふね) 【TOKIOへの提供曲/2006年の日本レコード大賞作詞賞】
4. あのさよならにさよならを 【華原朋美への提供曲】
5. Clavis-鍵- 【工藤静香への提供曲】
6. 水
7. あなたでなければ
8. 五月の陽ざし
9. とろ
10. お月さまほしい
11. 重き荷を負いて
12. ララバイSINGER


軽快なアコースティックギターと高音の歌い出しで1曲目が始まる。もうこれだけでヘンな緊張感が解けた。
更にアコギは支流に分け入るように気持ち良く転調する。それが2曲目の始まりだとはさっきまで知らなかった。
初期に作った曲と新曲が1つの曲のように聞こえる。30年ひとっ走りなのだ。
俺は個人的に、この構成センスに「 ナイス・トランス賞 」を贈らせてもらいたいと思った。

さて肝心の「 宙船 」はどうだろう。
皆に期待される中島節ではあるけれど、快か不快かで言えば、俺は不快の方だった。
きっと、神経質な犬に聞かせれば同調して吠えまくると思う。
長瀬君の爽やかな声で力強い歌詞を歌うのが、やっぱり新鮮味があって良いなと思う。


「 あなたでなければ 」は歌詞にドキリとさせられた。
あなたでなければイヤなんです
あなたでなければ駄目なんです
似たような人じゃなくて 代わりの人じゃなくて
どうしてもあなたにいてほしいんです


俺はこれまで、波長が合えばそれで幸せ、なんていう恋愛しかしたことがなく、憧れの人をゲットしたことはない。(当然昔は、振られた時に中島さんの曲を聞いたもんさ)
いつか別の機会に、最高の人と最高の形で巡り合えるものだと思って来た。
でも最近、憧れの人と付き合えたら最高だろうな、いきなり告白して驚かせてみようか、などと思うようになった31歳冬。もはや愉快犯ですよ。
そんな俺にはこの曲がサイレンのように鳴り響いたのだった。


9曲目、雰囲気はガラリと変わって、ユーモラスな感じの「 とろ 」。
トロかった中島さんの少女時代のあだ名だという。
しかし呼び掛けているのはその子でも動物でもないのは明らか。
俺はいつかきっと、この曲を思い出して口ずさむだろうと思う。
韻を踏み、繰り返す。言葉ってのはそれだけでもストレス発散(神経回路の修復)の手段になるのだ。
間に合わないって気持ち あなたにはわかるかい
追いつかないって気持ち あなたにはわかるかい
変わりたいと思った 全部変わりたいと思った……(中略)…
とろ、何とかならないか 考え考え日が暮れる
とろ、何とかならないか 考え考え日が暮れる




このアルバムで抜群に良いと思ったのが「 重き荷を負いて 」。
そのうちシングルカットされる予感がする、笑点のテーマ曲と掛け合いしたら面白いかも、などと思うのは俺だけだろうか。
サビ部分はエンヤコラセノドッコイセ的メロディーに乗せて
がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
と歌っている。

誰もが心のどこかに持っている気持ちだろうし、じつは花や虫にもそういう使命感があるのではなかろうか。
子供をなだめているようで自分の決意を固めている、これがララバイの真髄なのだと思った。

ドラマやドキュメンタリー番組のBGMに使うには臭いかもしれないけど、栄養ドリンクのCMならどうだろう。
浮かない表情で、歩道橋から夕日を眺めるビジネススーツ姿の女性。
まだ営業や接待が残っているのか、就職活動がうまく行かないのか、それとも失恋の傷を抱えながらコンパに臨むのか。
自分は目標に向かって手を尽くし、叶えたのか? 
納得する結果を得られたのか? 道の途中でコケてるだけじゃないのか?
頑張ってから死にたい、それまで死んでたまるか。
よし、この1本でとりあえず頑張りんこ。なんてねー。びっくり


トータルで見て、やっぱりシンガーソングライターは尊敬しちゃうな。
歌い方に幅がある中島さんは流石だと思った。(その点B'●やZA●Dはどうなのよ)
仕事納めの今日もバタバタしてたけど、とりあえず今年分の荷が降りた。
最後の曲「 ララバイSINGER 」を歌いながら帰って来た。


参考にしたサイト:読売新聞 / 産経新聞 / AOL Entertainment

2006年12月29日 23:47 
娯楽 (音楽・読書) | comments(8) |

 
今晩、私も[宙船]...楽しみに聴いてみようと思います。
今年は...MASさんに出会えた年でしたぁ。
いつもMASログ楽しみに読ませて頂きました♪
COOLDRYな風がカラッと吹いているようで...
実は、じっとり濡れているような......
MASさぁぁん?元気なんですかぁぁ?(意味不明。笑
来年は『絶対的』な恋愛してみて下さいね♪
(必要なればビッシ!ビシ!!鞭を振ってあげますよ謎)
恋愛は燃えたもん勝ちのように思います。
「2007年は萌え燃えでGO☆」です。
来年もどうか宜しくお願いしまんにゃわ。
| ノレ | 2006/12/31 10:03|

こんにちは。TBありがとうございます。
私にとって中島みゆきは唯一無二の歌姫であり、私自身は中島みゆき原理主義者(笑)であります。

なので中島みゆきの作った詩は本人が歌わなければなあ、と思ってます。
もうこの辺りは
理屈ではありませんな(笑)
| 16mm | 2006/12/31 17:06|

▼ノレさん

ホントに、今年はノレさんと知り合えて嬉しかったです。
俺の性格を見抜いても尚付き合ってもらえるのは有り難いこってす。
色々あったけど、俺は(そこそこ)元気デス。
こちらこそ、来年もどうぞ宜しくお願いしまんにゅ。
| MAS | 2006/12/31 22:15|

▼16mmさん

こんばんは、御来訪&コメントありがとうございます。
作った本人が本人のスタイルで歌えるって素晴らしいことですよね。
長年のファンの方にTBを送るのは恐れ多い気もしましたが、このような御意見を頂いて本望でございます。
ありがとうございました。
| MAS | 2006/12/31 22:31|

TBありがとうございました。

紅白でのTOKIOの「宙船」なかなか良かったと思います。
今年の紅白、ヒット曲が少なかったので、TOKIOが栄えましたね。
曲の紹介でも、中島みゆきさんの名前が出て嬉しかったです。
| 黄色い犬 | 2007/01/01 23:48|

▼黄色い犬さん

御来訪&コメントありがとうございます。
紅白見ました〜!
一曲集中という感じの長瀬君の熱唱ぶりに鳥肌が立ってしまいました。
今カラオケで唄いたい曲のトップになっています。

| MAS | 2007/01/02 03:41|

TBありがとうです♪
コッチももらっていきますねー
| Bump | 2007/01/09 13:57|

Bumpさん、ありがとうございました〜♪
| MAS | 2007/01/10 01:22|


 
※非公開






中島みゆき「ララバイSINGER」聴きました。「重き荷を負いて」は重厚、超大!
? 中島みゆき, 瀬尾一三, 中村哲 ララバイSINGER 今回のアルバムは、オリジナルアルバムとしては、「銀の龍の背に乗って」が入った「恋文」以来ほぼ3年ぶりとなります。12曲入っていますが、TOKIOが歌った「宇船(そらふね)」、工藤静香「Clav
| 親愛なる人に−読書の薦め | 2006/12/31 9:09 AM |
中島みゆき 「ララバイSINGER」
中島みゆきは積極的に提供曲のセルフカバーに取り組んできた。 ただ、その多くがカバーアルバムというスタイルであり、今回のようにオリジナルアルバムに4曲もセルフカバーを収録するのは記憶にない。 オープニングナンバー「桜らららら」はアルバムに収録されなか
| GREEN DAYS 〜緑の日々〜 | 2006/12/31 10:11 AM |
ララバイsinger 〜人は自ら歌びとになる〜
途に倒れて だれかの名を 呼び続けたことが ありますか 言わずと知れた中島みゆきの1977年のヒット曲「わかれうた」の歌詞である。 まだ子供だった僕に、もちろん意味などわかるはずもない。 だが、偶然耳にしたこのフレーズは強烈であった。 それ以来、中島み
| 映画のメモ帳+α | 2006/12/31 1:57 PM |
『ララバイSINGER』
休日の木曜日。 最近珍しいぐらいに朝の11時ぐらいまで寝呆ける。 昼飯食べてヤマダ電機に、中島みゆきの新譜『ララバイSINGER』を買いに。 久々に繰り返し聴きたくなるアルバム。華原朋美の歌った『あのさよならにさよならを』も良かったが、中島みゆきが歌うとまた
| 流れよわが涙、と、おぢさんはゆった | 2006/12/31 5:02 PM |
『ララバイSinger』
『ララバイSinger』/中島みゆき 「宙船(そらふね)」が聴きたくて買ってみた。 ***************************************************************************************************************************** 書き下ろしの新作オリジナル・アルバムと
| Bちゃんねる@映画っち・本だっち・音楽もだっち | 2007/01/09 1:56 PM |
【前後の記事へ】
<< いつも小さな贈り物 | HOME | 謹賀新年 >>

spacer