MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

昨日のテレビとネットと人

仄暗い水の底から
仄暗い水の底から』を見た。
ホラーやアクション映画には主題的なものは求めてはいないが、この映画では、途中からビビらせ演出を頑張り過ぎて、人間というものが恐いのか不条理な怪奇現象が恐いのか、曖昧になっていた思う。
今イチ煮え切らないものがあったので、みんなのシネマレビューで他人様の意見や解釈を読んでみた。
↓のコメントとかが、自分的にはそれなりの理解の助けになった。


私は怖いと思うシーンよりも切ないと思うシーンの方が多くあったと思います。
夫と別れてひとりで娘を育てていかなければならない女性が、昔の子供の頃の出来事をオーバーラップさせながら、自分はちゃんと子供を育てなければならないのに、周りで変なことが起こり、やがて母親の愛を求めさまよう幼い子供の幽霊と共に逝ってしまうという内容にとても切なくなりました。
ただひっぱりすぎる演出があまり好きじゃない人やとても恐いホラーを期待する人にはオススメできないですね。【はがっち】6点(03/08/15 22:51)

「ママだよ」という台詞に納得がいかなかったという意見が多いようですが、あの台詞に至る数分の流れこそがこの映画の醍醐味でしょう。
≪ネタバレ≫幽霊がねらっているのが、子どもでは無く実は自分(母親)のほうだったということが分かり、自分の子どもを守るために幽霊の母となることを決意し、駆け寄る子どもに「来ちゃダメ」と叫ぶ。あの瞬間の母の強さ。あの数分をもっとよく観て欲しい。【チェンジアップ】8点(03/01/27 02:20)



『探偵!ナイトスクープ』の今回の調査は、なかなかに傑作揃いだと思った。
「ねんドル」(粘土細工界のアイドル)の岡田ひとみちゃんの存在を初めて知り、その器用さと美しい指先に魅せられた。
公式HPの詳細なプロフィールがユーモラスだが、特に↓がツボにハマった。
好きな撮影機 : クレーンカメラ
好きなマイク : 笑点のピンマイク
好きな言葉 : 交通ルール守るあなたが守られる
嫌いなモノ : 分割払い、低たんぱく高カロリー
こだわり : 0か100
今一番欲しいもの : 孫

しかし↓の項目は深過ぎてよくわからなかった。
命の次に大切なモノ : 運
命並みに大切なモノ : 縁
命よりも大切なモノ : 勘



『CDTV』のゲストライブはaikoだった。
aikoの歌声は好きな方だが、曲調に少し違和感を持っていた。
その正体は、ネット掲示板のアンチ派の書き込み意見ではっきりと意識することが出来た。
「なんか半音ずれっぱなしのような曲が耳障り」
これを読んでからは、全ての曲が黒鍵基調みたいに聞こえるようになった。別に良いけど。
新曲はバンドとオーケストラをバックに歌っていた。
間奏の無音部分から、再び同時に演奏が始まった瞬間が甚だカッコ良く、鳥肌が立ちそうになった。

2005年11月26日 23:12 
娯楽 (映画・テレビ・DVD) | comments(0) | trackbacks(0) |

 
TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)

 
※非公開






【前後の記事へ】
<< かまって病 | HOME | 社会不安障害者のがんばった1日 >>

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...