MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

人事新報社からのDM

高校の同窓名簿を作るので調査カードに記入して返送して欲しい、という旨の往復ハガキが届いた。
調査カードには卒業年・現住所などの確認欄と、電話番号・職業・出身大学・趣味・メルアド、それから皆へのメッセージを書く欄があり、返送した人のデータのみが名簿に掲載されるという。
興味深いな、皆は今どこで何をしているんだろう。 太りましたか? ビールはうまいですか?


ハガキには字がビッシリ書いてある。
よくよく読むと、名簿をまとめ、発行するのは学校でも同窓会でもなく、人事新報社とある。
卒業アルバムや文集だって制作は外部の業者に任せたりするから、特に不思議には思わない。
でも会社の所在地が大阪で、住所がいきなり「都島区」から始まっているあたりが怪しい。
あと「電話は混みあうので問い合わせはFAXで」という所も、テレビで見たことのある怪しいパターンだった。


ネットで検索してみると案の定、悪徳商法・個人情報流用・振り込め詐欺といった、宜しくない情報とセットになっていた。
ハガキは何年も前から全国各地に送られているらしく、注意を呼びかけている学校もある。
渦中の我が母校はどうなのかと、初めてホームページを見てみた。


ホームページは先生が作ったんだろうか‥‥壁紙がド派手で恥ずかしくなった。
人事新報社の情報は無かった。昨年度の進路状況が書かれていた。
俺らの頃は一般入試で大学に合格したのは3人位だったけれど、今では進学クラスほぼ全員が受かっているようだ。これが全入学というやつかぁ。
それから、俺が所属していた某運動部が潰れていた。

あの時代は何だったのですか。

2008年09月13日 04:28 
日記 (日記 vol.1) | comments(2) | trackbacks(0) |

 
 人事新報社は、今や貴重な存在ではないかと思います。個人情報保護法で規制されて、学校法人といえども名簿は発行できません。そもそもハガキをよく読むと、本人希望の場合のみ名簿に掲載するのでしょう。掲載拒否の人は、申し込む必要はないのです。これは法令違反ではありませんよ。
 私は、今まで何回か申込をしていますが、被害にあったことは一度もありません。ちゃんと名簿を作成してくれます。名簿の厚さは、その学校の人脈の豊富さで決まるのでしょう。人事新報社を正しく活用すれば、同窓名簿ができるのです。今や紙で名簿を出版できる、最後の印刷会社といえるでしょう。このままいけば、日本中から名簿がなくなってしまうかもしれませんね。
| しろはらリス | 2017/06/03 20:36|

現在は社名を変えてしまったようですが、人事新報社がかつて違法行為によって処罰を受けたことはご存知ですか?
こちらからその処分内容と、会社の実態を伺うことができます。
http://web.archive.org/web/20091001145815/http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/09/20j9i400.htm


失礼ですが、しろはらリスさんのことは全く存じ上げませんので、本当に名簿が送られて来たのか、なぜそこまで名簿をありがたがるのか把握できかねます。

人事新報社の功績を認めて多くの人に知って欲しいのであれば、このようなブログの9年前の記事にではなく、YouTubeやSNSなどで積極的に発信してみてはいかがでしょうか。
| MAS | 2017/06/04 21:07|


 
※非公開






【前後の記事へ】
<< 仙台パルコを見て来た | HOME | 鮮やかに就職する為に >>

spacer

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...