MASログ

MASログTOPへ
ようこそ四十路ランドへ!

古いエアコンのリモコンを復活させた方法

【エアコンの機種名】
シャープAY-219W (1989年製 )

【リモコンの機種名】
CRMC-A123JBE0

【症状】
エアコン本体の応急運転ボタンを押すと電源の入/切は可能。
しかしリモコンでの操作が出来なくなった。
リモコンは一昨年ごろから反応が悪くなっていたが、今年はついに、どのボタンを押しても送信ランプが発光しなくなり、故障が確定した。


【予想】
エアコンを使うのは1年のうち2ヶ月程度だし、瞬間的な操作しかしないから、テレビのリモコン等より壊れ易いとは考えられない。(初めてだ!)
しばらく使っていない、弟の部屋のリモコンも同様にダメになっていることから、内部の端子が酸化して通電不良が起こっていると推定された。


【結果】
リモコンを分解して、無水エタノール(アルコール)を染み込ませた綿棒で端子を拭いたら復活した!
※分解は故障・発火・感電・負傷の危険があり、オススメしません。

シャープAY-219Wのリモコン「CRMC-A123JBE0」の分解写真【リモコンの分解写真】
←スイッチと対応する端子を同じ色で囲んでみた



【備考:ここに至るまで】
電池を交換してみた。マンガン電池からアルカリ電池に替えても変わらなかった。
電池の接点部分を紙ヤスリで磨いたり、オーディオ用の接点復活保護液を塗ってみたが変わらず。

Amazonで代用商品の「2056380651 CRMC-A650JBKZ エアコンリモコン シャープ SHARP」というのを見つけたが、3,000円以上するので手が出せない。

もっと安い「各社共通 1000種対応 エアコン用ユニバーサルマルチリモコン」(540円)なるものもあったが、20年以上前のエアコンが対応しているかは、一か八かの賭けになってしまうから嫌だった。

2011年07月04日 02:16 
娯楽 (雑学・挑戦記) | comments(2) | trackbacks(0) |

 
ありがとうございました!4台とも復活しました!
今度は他機器のリモコン試してみますo(^-^)o
| シゲル | 2016/12/03 21:29|

おぉー直ったんですね。しかも4台も!
良かったですー(^▽^)
| MAS | 2016/12/04 03:40|


 
※非公開






【前後の記事へ】
<< ハリウッドならアウト | HOME | 1年ぶりのカラオケ >>

spacer

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...